思春期ニキビとは?


思春期ニキビとは、9~18歳の年頃に子供の体から大人の体へと変わる『第二次性徴』によるホルモンバランスの変化によってできるニキビのことを言います。
思春期ニキビは、Tゾーンと呼ばれるおでこや鼻、その周辺にでき、春から秋の暖かい時期に出来やすいのです。
詳細はコチラ
↓↓↓↓↓



思春期ニキビの原因


思春期ニキビの原因は、思春期にホルモンの分泌が活発になり、特に男性ホルモンの比率が高くなって皮脂腺が活発になることです。
詳しく言うと、9~18歳頃の思春期には、子供の体から大人の体へと変わり、女の子でも男性ホルモンの分泌が活発になるため、ニキビも出やすくなるということです。
男性ホルモンは毛穴の皮脂腺に影響していて、皮脂がたくさん分泌される原因となり、それが思春期に出るニキビの原因だと考えられています。

詳細はコチラ
↓↓↓↓↓



思春期ニキビの治し方


思春期ニキビは年齢を重ねてホルモンバランスが安定してくると自然と消えていきます。
ひとつ注意点として、もし思春期ニキビができたとしても、絶対に触ったり潰したりしないでください。
後々ニキビ痕として残ってしまいます。

詳細はコチラ
↓↓↓↓↓